Tel.052-502-3800受付時間 10:00-19:00

About Us

スペースラボについて

マイホームは
一生ものではありません

こんな事を言うと「え?何を言っているの?」と皆さんお思いになるようです。

この言葉には少し誇張や語弊がありますが、半分は真実です。

一般の方は住宅会社のマーケティングに洗脳されています。
終の住処、家を建てておけば老後は安心、百年住宅、どれも家を一生ものを思わせるような言葉ですが、半分は不正解です。

確かに家を建てれば、終の住処になるのですが、それは老後についても人生設計を考えている場合です。

ステージによって
暮らし方は変わります

お子様が小さい時は一緒に寝て、小学校に上がる頃には個室が必要になり、
独立してたら個室は不要になり、老後は大きな家ではなくコンパクトな家が良い。

人生のステージによって、必要な家は変わるはずです。

今の日本の住宅事情は、家に合わせて暮らし方が決まっているように見受けられます。それは豊かな暮らし方でしょうか?

将来のことも踏まえ、身の丈にあった家を建て、人生の節目節目にふさわしいあり方に変更をしていくのが正しい家の考え方だと私たちは思っています。

維持費を考えない
日本の住宅業界

家を購入する時にほとんど考慮されないのが維持費です。

家は建てたら終わりではありません。外壁の仕様によっては定期的な塗り替えも必要です。毎月の光熱費なども発生していきます。

最初に無理をして35年支払いのローンを組んで、豪華な広々とした家を建てて、それが20年後に適正でしょうか?30年後は?

支払いに追われ、生活費が削られ、家は広いけれど暮らしは貧しいなんて事になったら目も当てられません。

私たちは、お客様の将来像、理想となる暮らし方、老後はどのような生活をしていきたいか、それらを踏まえて、どのような家を建てるべきなのかをご提案いたします。

お客様との密な
コミュニケーション

私たちはお客様とのコミュニケーションを一番大切にします。

なぜなら信頼関係がなければお客様が本当に考えている事を引き出すのは難しいからです。

どうしても最初の数回は「この人は本当に大丈夫なんだろうか?」「信頼することができるのか?」と不安や疑いの目を持ちながらのコミュニケーションになってしまうと思います。それは仕方がない事です。

このような状態ではお客様の本音を引き出す事はできません。だからこそ、信頼していただけるように何度も何度もお打ち合わせをさせていただきます。

住宅会社の中には打ち合わせ回数を少なくする事で人件費を圧縮し、その分を建築費削減に当てている企業もあります。

このやり方を否定するわけではありません。私たちとは思想や方法が異なるだけです。

私たちはお客様の要望にとことん付き合わせていただくため、必然的に打ち合わせが多くなってしまいます。もちろんそのせいで建築費が上がる事はありません。

あなたの事を知ることで、理想の住宅を建てる事ができるのです。

Contents

私たちの家づくりについての
考え方をごらんください